スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わること

平成29年1月より65歳以上の方も雇用保険の適用対象となります

IMG_0601.jpg

ただし、退職したときに支給されるのは、基本手当ではなく、一時金で受給する高年齢求職者給付金です
年金との調整はなく、働く意思と能力があれば年齢の上限なしで対象になります


IMG_0581.jpg

今まで4月1日で64歳になっていれば、雇用保険料が免除されていましたが、平成32年4月1日からは徴収が始まります(それまでは猶予期間)

IMG_0584.jpg

また、この12月8日に税制改正が決定され、所得税では平成30年1月納税分から、配偶者控除を受けられる要件が給与年収103万円以下より150万円以下となりました

IMG_0594.jpg

パートで働く女性らの就業調整をなくすことが目的とされていますが、社会保険の130万円の壁を忘れていませんか?
年収130万円を超えると社会保険の扶養から外れなければならなくなります。
社会保険も28年10月から501人以上の事業所ではパートで週20時間以上働く場合等に加入義務が発生していますが、日本にたくさんある中小企業はまだ適用されていません


IMG_0599.jpg

社会保険の130万円の壁のことには何もふれず、ただ150万円以下に配偶者控除の引上げすることだけをいうのであれば、アンフェアだと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

労働保険の更新と算定基礎届

IMG_8689.jpg

今年も労働保険の更新と社会保険の算定基礎届出の時期がやってきました

IMG_8583.jpg

今年は労働保険の雇用保険料率が引き下げられました

IMG_8677.jpg

また、一括有期事業の建設の事業に関しては、平成27年4月1日以降に開始した工事について、請負金額から消費税を除いた金額で計算することになります

IMG_8328.jpg

申告は両方とも7月11日までです
当事務所がお手伝い致しますので、どうぞご利用ください

1号?2号?3号?

九州地方の地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます

IMG_7533.jpg

最近の年金相談でよく聞かれることがあります
それは、会社員の夫が65歳になったら、妻である自分に国民年金の種別変更の手続きの書類がきたというものです


IMG_7543.jpg

国民年金の被保険者は1~3号までの3種類あります

1号は20歳以上60歳未満の自営業者や学生で、定額の国民年金保険料を納める人

2号は厚生年金に加入している65歳未満の会社員や公務員で給料から年金保険料が天引きされている人

そして3号は2号に扶養されている20歳以上60歳未満の妻または夫で、自分で年金保険料を納めなくてよい人


IMG_7537.jpg

国民年金の2号被保険者は、65歳になると国民年金の2号被保険者ではなく、厚生年金のみの被保険者になってしまい、3号被保険者となっていた配偶者も2号に扶養されているという要件に当てはまらなくなってしまうため、国民年金保険料を自分で納める1号被保険者に変わります

IMG_7512.jpg

この要件は結構知らない方が多く、事業所でもあまり説明はしていないようですので予定外の保険料の出費に戸惑う方も多いようです

雇用保険料の引き下げ

今日は新年度のはじまり
何だか天気も良くってすがすがしい感じがします

IMG_7341.jpg

4月から変わる代表的なものは電力自由化ですが、
平成28年3月29日、平成28年度の雇用保険料の引き下げが国会で決まりました

IMG_7338.jpg

一般の事業は労働者負担が 5/1000→4/1000、
事業主負担 8.5/1000→7/1000      計 13.5/1000→11/1000

農林水産・清酒製造の事業は労働者負担が 6/1000→5/1000
事業主負担 9.5/1000→8/1000      計 15.5/1000→13/1000

建設の事業は労働者負担が 6/1000→5/1000、
事業主負担 10.5/1000→9/1000     計 16.5/1000→14/1000


IMG_7343.jpg

社会保険の健康保険料や国民年金保険料がどんどん上がっていくなか、たまには下がるものもあるんだなぁという感じですが、
背景にはここのところ、失業率が下がったこと、保険料の積立が過去最高の6兆円になっているということがあるようです
少しでも、負担が減ることは従業員・事業主双方にとってうれしいことには間違いありません

3・11

IMG_7075.jpg

今日は日本の鎮魂の日
震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます

IMG_7069.jpg

もう5年なのか?まだ5年なのか?
現地の復興はなかなか厳しいようです


IMG_7086.jpg

復興にむけて一歩ずつ歩んでいるみなさんに同じ東北人として幸あれと願ってやみません
プロフィール

末摘花

Author:末摘花
〒019-0205
秋田県湯沢市小野字東堺49-2
TEL・FAX:0183-55-8040
E-mail:fuji-atsu@polka.ocn.ne.jp

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。